読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンブンのオリコミ

いま、感じたコトをダラダラと書きます。折込チラシのように見ては捨てるような感覚でお楽しみください。

アニメ映画「虐殺器官」レビュー

はい、どうも

名無氏でございます。

連投です。

よろしくお願いします。

 

私、本日

アニメ映画「虐殺器官」の上映を見てきました。

 

なかなか構成力皆無ですし

一般的なことは何一ついいませんが

まあ、ここにきてくださっているあなたも

相当な曲者ですので(失礼)

そのあたりご愛嬌ということで

どうにかよろしくお願いします。

 

ちなみに。

わたくしレビューをするときは

なるべくネタバレは避けつつ、根幹に サワッ ちゃいますので

ストーリー的な部分は何もいいませんが

みに行こうかな、と思ってる方は絶対に読まない方がいいです。

先入観や私の主観が入り混じるのは作品にたいしてすごくよくないことだと

私は思うからです。

まだ見てない方でみようと思ってる方、またお会いしましょう。

 

それでは。

 

 

見る気がない方、見終わった方コンニチワ。

 

名前だけ聞いた方や、

pvをチラッと見た方はわかりますが

かなりミリタリーもので、情報戦もの。

そして映画上映はR15対象になってましたので 少々演出がグロいです。

私は基本的にミリタリーもの、好きですので

全然いけましたが苦手な方は遠慮した方がいいかもしれません。

直接表現は少ないですが間接的なグロさはところどころに散乱してます。

 

わたくしもう分かっていると思いますが

文章力、構成力、皆無です。

なので興味のある方はリンク貼っときますので

wikiってください。

すいません。

虐殺器官

 

 

原作付きのアニメ映画で、

小説があります。

少し前の小説ですが 単行本化ののち、文庫化しています。

 

それで前から映画化する予定でしたが紆余曲折ありまして

こないだやっと上映開始されましたので

見てきました。

 

情報戦に頭がついていけない人もおられたかもしれませんが

自分も全てを理解したわけではありませんし、

レビューにあるまじき、原作はまだ読めてません。

 

それでもいい方、

ありがとうございます。

 

ざっくり、ドキュメント形式に近い、近未来アクション映画でした。

 

一人の主人公が一人の男を追い、各地を転々として

真相に辿り着く様は

-PROJECT   ITOH- 三部作(屍者の帝国虐殺器官、ハーモニー)

に共通しているかと思います。

 

また、ミリタリー系である、ガジェット(装置)、近未来科学の装備、

街の施設の説明が作品上ですごく少なかったです。

見ているだけで ああ、こんな感じかと理解できる方はいいのですが

ナンジャコリャ、となったかたはパンフレットを買うのをお勧めします。

装丁がすごく豪華なので少々値が張りますが、その分の価値はあります。必ず。

 

ええと、感想ですが、

人々の言語、文法、言語ごとの法則性、言語依存といったものテーマになっており、

そのあたりは最近いろんな作品が扱っているように思いますが

自分が触れたものの中でも

ゲーム、「METAL GEAR SOLID : THE PHANTOM PAIN」(以下MGSTPP)が

すごく近かったなあ

と思いました。アレをやっているとやってないでは今回の映画、

感想が全然違った感じがします。

 

 

それもそのはず、MGSTPPの作者である、小島秀夫さん と

今回の映画の原作(小説)の作者である、伊藤計劃さん は

以前から交流があり、色々と話あっていたみたいです。

一方小島さんは映画にはおそらくなんの関与もしていないと思いますし

ゲームの方にも直接は伊藤さんは関わっていないと思います。

 

しかし、テーマ性、物語の大筋、だいぶ似ています。

言語を用いた研究、その果てにたどり着いた成果。

そしてその成果を用いてやりたいこと、やってしまったこと。

共通する部分は多くあります。

やった方は結構映画楽しめるんじゃないかなと思います。

 

また、今回の映画は原作読んでない私が言うのもなんですが、

すごく分かりやすかったです。

どうしてもこう言うジャンルの映画は台詞回しが小難しくなって

追いつけなくなることが多いと思いますが、

映画はそのあたりすごく考えていたように思います。

キャラのセリフ、展開、演出等々。

もちろんテーマそのものや話の都合上説明自体は難しいです。

しかしあんまりミリタリーや歴史等に詳しくなくても

それなりには楽しめるんじゃないでしょうか

この映画自体が人を選びますが

興味あるな、と思った人は言った方がいいと思います。

結構映画館でしか味わえないような演出も見られたと個人的には思いますし

声優陣も豪華ですし。

 

今のうちですよ。

 

 

それでは長くなってきたのでこれぐらいでしょうか

まあ私の感想なんてこんなものです。

ブログ慣れしていないこともありますが

ひどい出来ではありますが

ここまで読んでくださった方。

ありがとうございました。

 

また次の記事で。

それでは。

 

 

 

 

デジタルの対義語。

こんばんは。

名無氏です。

 

またやってしまいました。

毎日投稿失敗です。

うびゃあ。

 

 

気を取り直しまして。

最近自分の習慣が変わりすぎまして

学生時代からいろんなものが抜け落ち、

流入し、いま を形成しています。

かろうじて。

 

プラモ捨てる記事は気長に更新します。

すいません。

 

そこで最近石垣島を通じて感じたことを

たまには。

 

 

デジタルの対義語ですが

一般的にはやはりアナログ。

電気信号なのか そうではないのか

といった違いですね。

 

私の趣味の絵でいいますと

デジタル絵といえば、パソコン上でほとんど描かれたもの。

アナログ絵といえば、油絵のように紙面上、に道具で描かれたもの。

ざっくりこんな感じでしょうか。

 

ですがわたくし、最近いろんな野性に生きてる(超語弊があります)方々と

お会い、お話したときに

デジタルの対義語は

ワイルドなのではないか

勝手に思いました。

 

ワイルド、野性的 ということですね

ありていに言ってしまえば、動物に近い感じでしょうか

何も考えず、ただ己の信じるがままに。

すごく簡単に言ってますので色々突っ込みどころ、あると思いますが、ご了承を。

 

それは情報通信網から遠く離れた、

直感や 今まで遺伝してきた習性、本能を信じ、うごく。

そう言ったことが

今、電子社会に生きてる人々、若者が理解できるでしょうか

理解できたとしても、それを実行するのは

すごく恐怖を感じることなのではないのかなあ。

 

今まで聞いたこと、習ったこと、誰かがしていること。

それに反することは勇気がいるし

すごくエネルギーを使います。

そんなことできない。

そう考えること、少なくないのでは。

 

そんな風に最近思いまして、

なんの脈絡もなく

なんの構成力もなく

ただ記事にしてみました。

 

でも最近の私の周り(ネット含む)は行動力のあるひとばかりで

みなすごいなあ、と思います。

その方々はもしかすると

野性に通じた直感で、情報世界をうまく使ってるのでは。

そう考えるようになって数日です。

これから培わなければならない技術は

そういうことなのかな。

 

よくわからない記事になっちゃいましたが

こんな記事も量産しちゃうかもしれません。

 

お付き合い、いただければ

幸いでございます。

 

それではまた。

 

名無氏

俺がプラモデルをやめるべき理由 【1ページ目】 

おはようございます。

名無氏です。

 

今回も実験的取り組み、行ってみます。

朝起きてばっかりで、頭回転してませんが、

お手柔らかに、よろしくお願いします。

 

 

えー、わたくし、次の就職先が決まったようで

離島に行くことになりました(場所は内緒)。

そのさい、自分の中の整理、つまりはモノの整理ですね をしているうちに

いろいろと、取捨選択をしなければならない時が来ました。

本を捨て、Kindleを持ち。

紙を捨て、ペンタブを持ったように。

(ちなみにペンタブとはペンタブレットのことでその板の上で専用のペンを走らせると

画面上にその通りに線が描けるシロモノ。うまい絵描きはみんなこれ。)

 

そこで、やはり私の趣味のひとつである、プラモデルが私に問いかけて来ました。

 

「お前さ、俺ら、持ってくの?」

 

 

 

そこでこの記事でございます。

 

では、行きます。

 

 

俺がプラモデルをやめるべき理由。

 

 

(この記事はプラモを一度はやめたことがある人は

わかる、というかあまり聞きたくない話かもしれません。)

 

 

まず最初に、かさばる。

 

みんな経験者はまず最初に思うのがコレ。

かさばります。超かさばります。

 

積みプラ、という概念があります。

 

本が好きな方(超好きではない方)は一度は経験あるかもしれませんが

お、コレ面白そうだな、と惹かれたものがあり、

レジを通したものの、

数ページ読んで、読む気が失せちゃったもの。

またはタイトルそのものに興味が薄れちゃったもの。

そういう時、本のページ数にもよりますが

読み尽くす、というエネルギーに対して自分が負けちゃうこと、あります。

どうせなら全部読みたい、けど読み通すには苦しいものがある。

そういうとき、人は

本を積みます。

今度読もう、と本を置いちゃうのです。

それが重なり、積まれていく。

それが積み本です。

 

それと一緒で

プラモデルを全部組み立てる、というエネルギーに対して、

今やっていることや、また別のことに手を出してしまい

積んでしまうのです。プラモデルを。

そしてそのプラモデルの箱がタワーのようになっていく。

それが積みプラです。

 

それ と移動ができるか。

 

その県ならいいです。

隣の県もギリギリいけると思います。

でも地方ごと、国ごと変わると難しいです。

 

また、完成したプラモデル、これもかさばります。

プラモデルは最大の利点が立体物であるということ。

立体だからこそ出る迫力や気迫、説得力などがプラモデルにはあります。

 

しかしよくも悪くも立体物。

箱に入れても袋に入れてもかさばります。

手に塩かけた傑作を作ってしまったならなおさらです。

傷つけたくない、

アンテナ(角)を折ってしまうかもしれない。

だから梱包します。

またかさばります。

 

そんなに厳重に梱包しなくても

モノによってはすごい形をしてます。

それが他のプラモデルと干渉して

またかさばります。

 

引っ越しなんかで

ダンボールに入れたいモノが全部入りきらないと

モノでパンパンなダンボールを押したり どうにか口を閉じたいと

ダンボールを潰すような勢いで乗っかったこと、

ありませんか

あんな感じです。

 

プラモデル、弱いようで強いです。

強いようで弱いです。

壊れる時は簡単に壊れます。

地震なんかで案外壊れなかった人もいます。

それぐらい微妙な強度なんです。

モノにもよりますが。

 

壊したくない、壊れたところ、みたくない。

だから嫌です。

そこがまた、辛いです。

 

 

次にいきます。

 

 

と、いったところで1500文字を越えようとしていますので

次の記事にいきたいと思います。

ちょっと興味が出て来た方は

少々お待ちください。

ではでは。

 

 

 

 

いま、外は雪。最高。

おはようございます!

名無氏です。

 

さっきゴミ出しに行って来たら、頭が真っ白になりました。

 

違います。

 

オーバーヒートとか、回路がショートしたとかじゃありません。

 

確かにびっくりはしましたが、

 

頭が真っ白になりました(物理)。

 

 

 

はい、いま外は雪景色です。

おお、なんとういうことでしょう。

隣の住人は今日、石垣島から帰ろうとしている!

死なないよう、祈っております。

俺のノートに名前は書いておいたぜ。

 

と、いうことで

今日はおそらく昼も雪が残っているでしょうから

一日お家のおふとぅんでカタカタ作業しようかな、と思います。

 

しかしまあ、こんな雪景色の中入る露天風呂、最高でしょうなあ。

 

名無氏

 

いま、温泉入った、最高。

みなさま、コンバンワ。

名無氏です。


とあるツイッターの上流から

アクセスを優先しすぎた結果、ブログが楽しくなくなった、という記事が流れて来ました。


なるほど、まだそんなに読まれてないし、壊れるなら今のうちだな、

ということで。


書きたいこと書きます!!



はい

今温泉入ってきました。

最高です。

みなさんはどの時間帯に温泉入ります?

昼?

よる?

やっぱり習慣としてのお風呂は夜寝る前ですよね。

でもいまは16時。そう、ギリギリ陽は落ちてません。

自分はこの時間帯が好きです。

夜の温泉もいいです。

こないだの記事に書いた通り、朝風呂も大好きです。

でもその次くらいに、夕方の温泉が好きです。

まだ夕焼けではない、昼の青空を見上げながら入る露天風呂最高です。


みなさんも

月一くらいいきましょう?

おん、せん。

いま、ネタが切れかけています。

おはようございます、

名無氏です。

 

ブログを始めて、はや二週間が経とうとしています。

毎度ご覧いただき、ありがとうございます。

 

そろそろ、ネタ切れかなあと思い始めております。

ぶっちゃけ日常の些細なことであれば

つらつら300文字くらいは書けるとは思うんですが

なんだかpvを狙いたくなると、それではもうダメかなあと。

 

そこで、自分の趣味のお絵かき や プラモデル。

一応仕事になりつつあるクラウドソーシング。

また、最近いろいろ環境が変わっていっていますので

その辺の近況といいますか、環境が変わって思ったことなど

 

ちょっと読者の声が少し聞きたいなあと思います。

 

はい、コメントくれなさそうなことはわかってます。

まだまだ弱小ブログですので

読んでいただけるだけで、ありがたいのに

声を寄せろとは、ハードル高いこと、承知してます。

ですが、聞いてみたいのです。

 

ほんとに、お気軽に、

 

折り込みチラシを捨てるような感覚で、

ツイッターで今日あったドウデモイイことをつぶやくような感覚で、

最近イラついているあのヒトへの愚痴をいうような感覚で

 

コメントください。

 

あなたの一言、おまちしております。

 

 

 

一応、一週間目処で

それまで雑記を書き続けますが、

何かコメントありましたら、そのコメントに応じて

何か記事、書きたいと思います。

できる範囲のことはしますので、

どうか、よろしくお願いします。

 

名無氏

 

いま、着込んでいます。

おはようございます。

名無氏です。

 

 

やっぱり真庭寒いです。

上3枚下3枚くらい平気で着込みます。

それくらい寒いです。

 

今住んでいるところには空調設備がありません。

でも、お風呂設備は充実しています。

だから、寒いと私はお風呂に頼ります。

入るのを忘れることもまれにありますが、

そういう日の次の日は 体の中に氷でもあるかのように

芯から冷えます。 お風呂ってすごい。

 

ということで、真庭市には温泉があります。

しかも、完全露店風呂でサウナとか五右衛門風呂とか行った設備は

ありませんがその代わり、無料。

完全無料です。すごいです。

みんな入りにきてください。

冬場の雪がちらつく中入る露天風呂やばいです。

サイコーです。

贅沢です...

 

 

さておき、冷え込む時も、あったかくなる時も

人間は足から来るそうです。

足が冷え込むと、体が冷える。

足があったかいと、体も温まる。

なので雨の日に靴だけびしょびしょになった時はだいぶ体も冷え込みます。

気をつけてください。

 

そこで、真庭には足湯もあります。

あれもやばいです。

外が寒いので出られなくなりますが

超気持ちいいです。

 

さて、何日か前に

Tシャツ一枚という記事を書きましたが

今はドテラです。 ハンテンです。

ちょっとこの二つの違いが私にはわからないんですが

つまり超厚着です。

 

なんとか体調崩さずにやってます。

みなさんも、足元により気をつけて、

体調崩さず、のんびり生きてきましょう。